新入学生ファイト!!~まずは、相談窓口のご確認を~

新入学の生徒の皆さん、ご入学おめでとうございます。間もなく「令和」もスタートですね。新たな時代へ新たな気持ちでチャレンジしていきましょう。

本ブログの「県内における特別支援教育の現状①」の中でも申し上げましたように、今年度も多くの「支援が必要」な生徒さん方が、希望と不安を胸に、一般高等学校へ入学されています。

入学式も終わり、今頃は、新しい場所、新しいクラスメート、新しい先生、新しいルールなど、初めての場面の連続に戸惑われている生徒さんも多いのではないしょうか。また、特別支援学級から一般高等学校に入学された生徒さん方にとってはなおさらだと思います。

そこで、(せめて)新生活をうまく乗り切るコツですが。

やはり、早めの相談を心がけましょう。事前に不安なことがある場合、何らかの兆候がみられた時など、問題が大きくなる前に早期に相談をしましょう。

と、その前に、相談って「誰」に「いつ」したらいいの?と思われるかもしれません。

現在は、全ての高等学校においても特別支援教育コーディネーターなど、窓口となる先生がおられます。勿論、担任の先生、教頭先生、保健室の先生でもいいと思います。

まずは、相談できる先生(相談窓口)についてご確認され、予防的な視点と早期に対応できる支援体制を(少しでも)整えてもらえるようお願いしていきましょう。

浦田