三気の里」カテゴリーアーカイブ

広報おおづ

大津町で町民向けに毎月発行されている「広報おおづ」
12月号はシリーズ障がい福祉③「共感を共生」にというテーマで特集が組まれていますが、そこでアンパの「陣内食堂」の取り組みと発達障がい者支援センターわっふるが取り上げられていました。

3~4頁にわたって大きく紹介されています。大津町の中で、三気の会が担っている役割を認めてもらったようでうれしく思います。

陣内食堂につきましては、現在、第5回目の募集を行っています。
平成30年12月22日(土)の開催です。
みなさんぜひご参加ください。

もちつき

12/8(土)
師走の第2土曜日は、毎年恒例のもちつき大会でした。
早朝よりたくさんの利用者ご家族さまに手伝っていただき、火をおこし、お湯を炊き、もち米を蒸し、

杵と臼でもちをつき( 機械の力も借りましたが・・・)

つきあがった餅をまるめ、たくさんの人の手によって利用者さんが待つ昼食会場へ

今年は利用者さんの希望により、あんこ・しょうゆ・チョコレート・きなこの4種類を準備。
飲み込みが難しい方には、「いももち」や「おにぎり」を準備しました。

これに「豚汁」「ぜんざい」が加わり、全部食べるとお腹いっぱいになりました。

ボランティアとして、地元森地区の消防団や、イオン大津店さんが来てくださいました。
さらにイオン大津店様からは、利用者さんが使う電化製品を贈呈していただきました。
ありがとうございました!

利用者さんも「もちつき」や「もちまるめ」に挑戦されました。

テンポよく「ぺったん」「ぺったん」とつく方

やさしく「ぺちっ」「ぺちっ」とつく方
「よいしょ」「よいしょ」の声に合わせて、交代しながらほぼ全員の方が体験されていました。

予報ではかなり冷え込むということでしたが、風がなく、太陽の陽射しに恵まれ、とてもよい「もちつき大会」となりました。

1班レク「なみの高原やすらぎ交流館-ピザづくり体験-」

11/27(火)
1班の利用者・スタッフ計34名は、レクレーションで、阿蘇・波野村にある「なみの高原やすらぎ交流館」へ出かけました。こちらの食育プログラムを体験させていただくことに。
波野といえば「そば」が有名で、「そば打ち体験」もできたのですが、この日は「ピザづくり体験」を選択しました。

続きを読む

2班レク「くまもと工芸会館・和菓子作り」

11月20日(火)
2班の利用者・スタッフ合計33名は、川尻方面へレクレーションに出かけました。
川尻といえば古い町並みが残っていたり、刃物などの伝統工芸がさかんだったり、老舗のお菓子屋さんがあったりして 、雰囲気がいいばかりでなく、美味しい体験もできるとあって、みんなとても楽しみにしていました。

続きを読む