強度行動障害支援者養成研修(実践研修)

2月13日と14日の2日間
大津町生涯学習センターの中会議室で強度行動障害支援者養成研修の【実践研修】を行いました。

県内各地の事業所から総勢20名以上の支援者の方に参加していただきました。

いままで【基礎研修】は数回行ってきましたが、【実践研修】は初の試みです。

実践研修では講義より演習をより多く取り入れ、強度行動障害についてより実践的に学んでいただけたのではないかと自負しています。

参加者の方にもご好評いただき、今後も基礎研修、実践研修ともに企画して参ります。

より多くの支援者のみなさまに、強度行動障害の特性や支援について学んでいただき、日頃の適切な支援に結びつけていただければ嬉しく思います。

それによって、最も困っておられる当事者の方が、周囲に理解され暮らしやすい社会になっていくことを願って止みません。

バレンタインと立会と

2/13(水)
グループホームの建設用地として購入予定の土地の境界の立会いがありました。
地主さん、隣接地の方、区長さん、大津町、土地改良に土地家屋調査士さんと不動産屋さんなど
十数名の方たちに時間を取って確認していただき、無事終了しました。

ご協力をいただいた皆さま、寒い中を長時間誠にありがとうございました。

<藪の中で悪戦苦闘>

<敷地内の梅が咲いていました>

2/14(木)
バレンタインデーのお昼は、デザートにチョコケーキがつきました。
(栄養士ががんばって作ったハートマークがポイントです!)

また、おやつの時間には家族会からいただいたチョコレートを食べました。

もちろん女性にもありましたよ!

家族会からは、毎年バレンタインデーにチョコレートをいただいています。
利用者さんの分だけでなく、スタッフ全員にもいただけます。

これでオヤジは胸張ってお家に帰れます^^
ありがとうございます!!

家族・職員懇親会

2/11(月)
三気の里利用者ご家族とスタッフとの懇親会を、熊本市の鶴屋東館で行いました。
家族会のご厚意で、毎年2月11日の建国記念日に開催している恒例行事です。
バレンタインデーの直前という事で、宴会場の隣はバレンタインフェアの会場になっていました。


チョコレートの「くまモン」がいました。

さて懇親会の方は、ご家族とスタッフ合わせて50名以上の参加となり、
おいしい料理とお酒をいただきながら、おおいに盛り上がりました。

普段はバタバタしてゆっくり話す時間もないのですが、
この日ばかりは時間を気にせず心行くまで語り合い、親睦を深めることができました。

余興では今福スタッフが、イラストの早描きを披露。
新人とは思えないメッセージ性のあるイラストに一同感心しきりでした。

支援会議

子どもたちの環境が大きく変わる4月が近付いてきました。

 

その変化をどうしても受け入れられないであろうお子さんの場合、

保護者や学校、療育事業所とで支援会議が行われることがあります。

作戦会議のようなものです。

相談支援事業所にもお呼びがかかることがあります。

続きを読む