そば打ち体験・実演

1月24日(木)
給食業務を委託しているLEOCさんのご協力で、そば打ち体験・実演コーナーを実施しました。
LEOCさんにはこの道のプロがいらっしゃって、いろんな施設などで実演をされているそうです。

今日打つのは「二八そば」
小麦粉とそば粉を2:8割合で混ぜたものを使います。

そば粉に水を加えて混ぜながら、だんだん塊状にしていきます。
待つあいだ、そばの産地やそばの実の収穫など「そば」についてのお勉強もしました。

丸い塊になったら、練りの作業です。
これには利用者さんも挑戦されました。

柔らかく練りあがったら、プロの師匠に交代。
仕上げの空気抜きをしてもらいます。

次は棒を使って生地を延ばしていきます。
最初まるく、次にそれを四角にしていきます。

利用者さんに交じって、スタッフもチャレンジしました。

均等に延ばして、うす~い四角に延ばせたら、最後は折りたたんで切っていきます。

駒板といわれる板をそばの上に置き、その板に合わせて専用の大きな包丁でカッカッカッカッと切っていくと、そば麺のできあがりです。

 

目で見て、触って、音を聴いて、香りを嗅いで
いい体験ができました。
いったんここで実演コーナーは終了。

このあと昼食の時間に、そば実食!です。

体験した後で食べる「手打ちのそば」は、香りがよく、つるつるのど越しで、とってもおいしかったです。