支援会議

子どもたちの環境が大きく変わる4月が近付いてきました。

 

その変化をどうしても受け入れられないであろうお子さんの場合、

保護者や学校、療育事業所とで支援会議が行われることがあります。

作戦会議のようなものです。

相談支援事業所にもお呼びがかかることがあります。

・予測される本人の状態

・それに対しての事前の環境設定

・それを行ったとしても起こってしまった時の対応

・状態の立て直し

・関係機関の役割分担

などを話し合います。

 

これまでの支援を振り返りながら、本人のことを関係者全員で考え、

最善と思われる知恵を出し合い、チームで取り組まれます。

 

それでも、困難な状況は訪れるかもしれません。

 

そうだとしても、

こんなに関係者がいるってすごいことだな! と思います。

もう十分頑張っているけど 「頑張って!」 と思います。

 

そんな会議に胸を打たれます。

 

(BO)